エメラルドタブレットに書かれていること。

この前の、愛読書『アルケミスト』の続きで。


この本を肌身離さず夢中になって読んでいた何年か前、

石についての本を読んでいた時です。これが偶然にもわかった!(感動)

(あくまでも私流の解釈です)


その時、奇跡の意味もわかった気がした。

エメラルドタブレットに描かれたことを知るためには、

エメラルドという宝石を良く知らなくてはいけない。

エメラルドの本質がわかれば、そこに何かが描かれているとしたら

それが奇跡なんだとわかる。


エメラルドは宝石のなかでも繊細でもろくダイヤモンドと違って

砕けやすい。だから、エメラルドに何かを描くこと自体がとても困難なこと。

書かれている内容が重要ではなく、書かれていることが重要なんだとわかった。

だから、そこにそれはできると告げられている。


人は文字を知っているがため、そこに書かれた内容を

解明しようと頭で理解しようとするが、それに気をとられ起こっていることを

見ようとしないと言っているのではないのだろうかと。。

奇跡はすでに目の前で起こっているのだと告げている。


この本は奥が深いなあと。

違っているかもしれませんが、私はこんな風に解釈して読みました。


ネットで調べたら、エメラルドタブレットの画像が出てきたので

お借りしました。(本当にこんなのあるんだあと思って)







女子の子育てを楽しむママの日記

日々、女の子に成長する娘に驚き感動し、女の子ならではの子育てを楽しみながらつづっていきたいと思っています。 趣味は、バレエ、娘と一緒にお勉強。happy♪に過ごすため日々気づいたこと、ワークライフスタイルを発信しています。 よろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000