おこる

この本は、中川ひろたかさんの講演会に行った時に購入した。

まるで、娘のようで、主人のようで。。

この2人は、私から見ると、とてもよく似ている。

どんな所かと言うと、すぐおこるところ。

沸点が低い!!(笑)

感情の表現の中でおこるのが一番得意なんじゃないかと思う。


私は、割と我慢する。

こらえるから沸点は高い。だから怒ったときは、2人よりも熱い(笑)かも。。


この本の主人公の男の子は、いつも怒られてばっかり、

なんでおこられるんだろう、なんでおこるんだろうって考える


この絵本を読んだ主人が考え深そうに『ほんまやな~』って

つぶやいていた。 この絵本主人の中ですごく心に残ったみたいだ(笑)

今日もおこっていたので何気にこの本をだしてきたら

『あっ、あの本』覚えているらしい。


この絵本を書いた中川さんは、本当に子ども心を持った楽しい人で

トークは、とっても楽しかった。

この絵を描いた長谷川義史さんも楽しいおじさんだ。

本当にこのお二人は子どもが、そのまま大人になったような

少年の心を持つおじさんたちだ!!


この絵本を読むと子どもの素直な気持ちに私の中の

心に隠した怒りと、怒りたくない気持ちが相まって少し泣き笑いしてしまう。



女子の子育てを楽しむママの日記

日々、女の子に成長する娘に驚き感動し、女の子ならではの子育てを楽しみながらつづっていきたいと思っています。 趣味は、バレエ、娘と一緒にお勉強。happy♪に過ごすため日々気づいたこと、ワークライフスタイルを発信しています。 よろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000