ナルニア国物語

さっきの絵本つながりで、昔の児童書と今の児童書の違い。

私が感じるのは、食べ物を食べるシーンが多く登場するように思う。

主人公の行動の中で、いちいち朝ご飯を食べてお昼食べて夜ご飯を食べている。

それだけ、食べることに飢えていた時代だったのと、

食べることは、子供にとってとっても重要なことで

飛ばすことのできない大事な出来事だったのではないかと考える。

今の児童書は、主人公が何を食べてというシーンが何度もでてきたり

することがなくなっているように思う。

それだけ、今は豊かで、また食に関する興味も失われつつあるのだろうか?


そんな中、これは映画の1シーンだけれど、『ナルニア国物語』の主人公

ルーシーがお茶を飲むシーン。私は、このシーンが可愛くて大好きだ。

お皿を持ってカップを持ち上げるシーン。すでにレディなのね💛


こんなに素敵にお茶を飲む女の子のシーン。

外国の文化、流儀が感じられる。

そして、豊かな時間の流れが感じられる。


ふっと、今の子どもたちは、時間を失ってしまったんだろうかと思った。。


たまに、娘と二人でお茶会をする。気に入ったカップに紅茶をいれて、

ケーキやクッキーお菓子を食べる。

娘は、そんなお茶会が大好きなんだけど、お茶会はいっぱいお菓子を

食べることと思っていないかしら(笑)


女子の子育てを楽しむママの日記

日々、女の子に成長する娘に驚き感動し、女の子ならではの子育てを楽しみながらつづっていきたいと思っています。 趣味は、バレエ、娘と一緒にお勉強。happy♪に過ごすため日々気づいたこと、ワークライフスタイルを発信しています。 よろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000